<スポンサーリンク>
******

2015年12月10日

連載3回目

明日は用事で関西へ行く予定です。
ついでに、実家にも顔を出すつもり。
暖かいのは嬉しいけど、お天気が持つといいなあと思いつつ。

さて、連載小説、本日第3回目の更新です。


序章 メゾン・ド・アマン (3) が今回の更新部分です。

お楽しみいただけましたら幸いです。


にほんブログ村 小説ブログへ

posted by みづき at 22:04| Comment(0) | 創る−小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

小説連載開始のお知らせ

なかなか「創る」の項目の記事が投稿できなかったんですが、11月終わりからようやく小説の連載を開始しました。
「小説家になろう」という小説投稿サイトを利用しています。
スマホを利用される方もいらっしゃるみたいなので、1回分は若干短めです。

ひょんなことからアパートの大家になっちゃった35歳・独身のおねえさんの奮闘記。
まだ連載2回目を更新したとこなので「どこが大家なんだ?」って感じですけど、あと2回くらいで、そんな雰囲気が出てくると思う……(謎)。


年末年始は難しいかもしれませんが、基本週1ペースで更新する予定にしています。
お楽しみいただけましたら幸いです。

よろしくお願いします♪


にほんブログ村 小説ブログへ
posted by みづき at 02:41| Comment(0) | 創る−小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

静岡市美術館

はい、おなじみ静岡市美術館です。改めて言います。ここ、マジでクオリティ高いです。
今回ご紹介するのは「晴信一番!写楽二番!」という浮世絵版画を扱った特別展。フィラデルフィア美術館で所蔵されている浮世絵の中から「名品」を選んで展示したもので、浮世絵にしてみたら「凱旋」ってところでしょうか。
この特別展、2015年8月23日から9月27日まで開催されてました。本当は10月中にご紹介したかったんですが、かなりの忙しさに更新できず。すっかり遅くなってしまいました。

普通、浮世絵って言うと、錦絵が頭に浮かぶと思うんですが。ここでは、錦絵誕生に至るまでの「墨摺絵」「丹絵」「漆絵」「紅摺絵」といった浮世絵も美しく展示されていて、すっごい勉強になりました。
また、有名どころからそうでないところまで、様々な作者の浮世絵が展示されていて、まさに圧巻。それぞれの流派の特徴なんかもわかりやすく説明されていて、全部見終わった時には、浮世絵博士になった気分でした。もう忘れちゃったけどね〜(涙)。

一口に浮世絵版画と言っても、いろんな手法があるんですねえ。「空摺」というのは、いわゆるエンボス加工。「きめだし」というのは、版木を深く彫って腕などで圧力をかけ、凹凸を作る手法。
私が最も印象に残ったのは「合羽摺」というもの。輪郭だけを版木で摺り、あとはステンシルの要領で色づけする手法。これは版木がたくさんいらない分、安くて庶民にもてはやされたらしいですが、そのために大切にされず、残存数が少ないとか。
そうなのよね、安いものって雑に扱っちゃったりするのよね、と妙に納得。もちろん、合羽摺の作品も展示されてましたが、150点の中でわずか1点のみ。かなり貴重な作品を目にすることができました。
それから、錦絵の後に出てきた「紅嫌い」という手法もなかなかいいなあと。派手なものが流行った後に、シンプルなものに回帰するっていう感じでしょうか。カラー写真が普通の中、白黒写真を見た時に感じられる美しさ、みたいな。

さて、作品のお話に戻ります。
中でも印象に残ったのは、写楽の「四代目松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛」。「似顔が似すぎて嫌われた」と言われる写楽が描いた松本幸四郎の顔が、今の松本幸四郎さんや市川染五郎さんに似ているような気がしちゃいまして、マジマジと眺めてしまいました。六代目が養子さんなので、現在の松本幸四郎さんとは血のつながりはないみたいですけど、似た雰囲気があったんですかねえ。
それから、私は普段、博物館でグッズを買うことはあまりないんですけど、ポスターあったらほしいな〜と思った作品がありました。それが、北尾重政の「恵比寿と子ども」という錦絵。見ているこっちまで微笑んでしまうような生き生きとした作品で、部屋に飾っておきたいわ〜と思ったんですけど。残念ながら、絵ハガキもポスターも置いてませんでしたねえ。

展示会の最後に、浮世絵版画を作る際に必要な道具や版木も展示されていて、夢の中から現実に戻される感じ(笑)がまたよかったですねえ。そうそう、全部版画なのよねえ、こうやって作っていくのよねえ、みたいな。

またしても、クオリティの高い展示を見せていただきました。大満足です。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
posted by みづき at 22:22| Comment(0) | 観る−博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする