<スポンサーリンク>
******

2016年01月21日

池波正太郎記念文庫

すっかり年が明けております。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、今回ご紹介するのは、池波正太郎記念文庫。
合羽橋方面に用事があったもので、ちょっと足を延ばしてみました。
台東区生涯学習センターの中に入っているということは知ってたんですが。建物に入ったまではよかったものの、一体どこにあるんだと右往左往。図書館の中に設けられた1コーナーだということがわかり、恐る恐る図書館内へ足を踏み入れました。利用カードとか持ってないけどいいのかしらんとドキドキしてたんですが、誰からもとがめられることなく、無事に到着(笑)

私が行った時には、ちょうど池波正太郎自筆絵画展「ヨーロッパの風景」なる企画展が開催されていまして。
池波正太郎は、フランスを中心にヨーロッパの各地を旅していたそうで。帰国後、執筆の合間に思い出の風景を水彩画で描いたとのことです。文章も素晴らしいのに、絵も描けるってすごいですよねえ。
企画展以外のところは、常設展示ということで。自筆の原稿なども展示されていました。

圧巻だったのは、「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」に特化したコーナーでしょうか。
時代劇大好きな私、もちろん全部見てましたよ〜。一番好きなのは「鬼平犯科帳」ですかねえ。題名聞いただけで、頭の中をジプシー・キングスのギターの曲がかけめぐりますもんね。
これらの小説の登場人物にちなんだ場所がマークされた江戸の古地図もありまして、もう大興奮。というのも、昔深川に住んでいたことがありまして、結構出てくるんですよね、あの辺り。時代劇にまったく興味のないうちの主人も、「おお〜」とか言いながら眺めてました。
池波正太郎自身が描いた登場人物のイメージ図も展示されていて、ホントにすごいなあとただただ感動。建物の配置図とかも書き留めていて、こういうの、きちんと決めて書かなくちゃいけないんだなあと、改めて勉強になりました。

それから、書斎の一部が復元されてたんですけど。
家系に関するもの、江戸の生活の様子について書かれたもの、江戸の奉行に関するものなど、いろいろな資料がそろっていて、すっごい勉強量だなあ。やっぱり、そういう下地がないと、あれだけの作品は書けないんでしょうね。

時代小説のコーナーもありまして、家のそばにあったら入り浸ってしまいそうな感じ。あ〜、うちの近所にもこういう図書館できないかなあ。

ふらっと立ち寄っただけだったんですけど、思いがけず素晴らしい時間を過ごすことができました。

posted by みづき at 17:59| Comment(0) | 観る−博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。