<スポンサーリンク>
******

2015年05月18日

黒川博行「疫病神」

  

私が初めて読んだ黒川博行の作品は「螻蛄」でした。

「疫病神シリーズ」の中の1作とは知らなかったんですが、読み進める中、所々で過去の話が出てくるもので、「あっ、これ、シリーズものなんだ」と気が付きまして。



十分楽しめたんですけど、最初から読んだらもっと面白いかなと思い、シリーズ第1作目の「疫病神」を読んでみました。
そしたら、なぜこの2人がお互いのことを疫病神だと思っているのか、事情がよくわかりまして。
建設コンサルタントをしている二宮が、組の構成員である桑原に、うっかり彫師のことを相談したことが、腐れ縁の始まりだったんですね。

  

それにしても、本当に面白いんですよ、このコンビ。

関西弁っていうのもあるのかもしれませんけど、命がかかっているような切迫した場面でも、漫才やってるみたいでまるで緊張感がなく。

この「疫病神」は、産廃処理場をめぐるお話なんですけど、建設業界の闇みたいなものが色々と出てきて、なかなか読みごたえがありました。


お互いの関係にウンザリしているにも関わらず、シリーズものへと発展してしまう気の毒な2人(笑)。
何やかやで合ってますよね、ほんとに。

シリーズ最新作の「破門」は、悲願の直木賞を受賞。
テレビ化もされましたし、これからもこのシリーズは続きそうですね。
ますます楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

posted by みづき at 19:50| Comment(0) | 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。