<スポンサーリンク>
******

2015年03月31日

ソフトバンク×オリックス(3/31)&田中啓文「ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺」

もう、ほんとにねえ。
あれだけ打たれて、こっちは打てないじゃあ、勝てるわけがないですね。
などと偉そうなことを書いてますが、ハートの弱い私は、7点とられたところでチャンネルを変えてしまいました。
あー、明日こそ初勝利をお願いしますよ。

とまあ、こんなふうに気持ちがクサクサした日には、超おすすめの小説があるんです。
それが、田中啓文の「ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺」という作品。


ギャグ漫画が文章になったらこんな感じなんだろうなあって文章が続きまして、純粋に笑えます。
札付きのワル・竜二が、破天荒にも程がある落語家・笑酔亭梅寿のもとに入門させられたところから、この喜劇(笑)が始まるわけなんですが。
連作短編集でして、それぞれのお話が落語の演目になぞらえられています。
えー、落語なんて知らないし…とおっしゃる方でも大丈夫。
物語が始まる前に、上方落語家・月亭八天(現・月亭文都)さんが、どんな演目なのか解説を入れてくださってます。

私が中でも一番好きなお話は「子は鎹(かすがい)」。
梅寿の孫が誘拐された! って内容なんですが、聞き違いに次ぐ聞き違いでもうめちゃめちゃなことに。
笑いっぱなしのお話なんですが、ラストにホロッと。
いい小説を読んでるなあって気になりました。

このシリーズ、全5巻で完結なんですけど、キャラがそれぞれによくって、ホントにこんな世界があるんじゃないかって気にさせられます。
スピンオフ的に、それぞれのキャラが主人公の作品が出てくれるといいなあと、切に願ってます。
posted by みづき at 21:44| Comment(0) | 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: