<スポンサーリンク>
******

2015年04月27日

江戸東京博物館・大河ドラマ特別展

江戸東京博物館って、毎年大河ドラマ特別展を開催するんですよね。
過去に、「篤姫」展と「軍師官兵衛」展を観に行ったことがあるんですが、かなり充実していて面白かった覚えが。
ちなみに、今年の「花燃ゆ」展は6月4日から7月20日までだそうです。


大河ドラマ「花燃ゆ」、惰性で見ている感じなんですけど。
吉田松陰のカリスマ性が今ひとつ見出せないまま、処刑されてしまった感がありまして。
次回は、桜田門外の変と坂本竜馬が登場するそうです。
展開が早くて、なんか消化不良っぽい……。
杉文さんは80歳近くまで生きられた方のようなので、一生を描くとなるとスピードが必要なのかな。

この時代って、実はあんまり好きじゃないんですよね。
なんか、有能な若者達が無駄に命を落としていった感が強くて。
池田屋事件やら禁門の変やら近江屋事件やら何やらかんやら。
日本のことを真剣に考えている若者達が、方向性の違いによって敵対し、殺し合うっていうのが、何とも虚しく思えてしまう。
だからこそ、ドラマチックに描けるのかもしれませんが。

正直、キャストにも混乱気味で。
伊勢谷友介さんって、大河ドラマ「竜馬伝」で高杉晋作役されてませんでしたっけ?
原田泰造さんは長州藩の敵(?)、新撰組の近藤勇役をやられてましたよね。
竜馬役の伊原剛志さんも、大河ドラマ「新撰組!」で、竜馬を斬ったとされる佐々木只三郎の役をされていたような。
まあ、NHKのドラマに出られる俳優さんって、何となく決まってますからねえ。
にしても、幕末はただでさえ何藩の誰がどうしたとかややこしいイメージがあるのに、前は敵役、今はその人みたいな感じになっちゃうと、おバカな私は、更に混乱を極める……。

とか言いつつ、来週も見ちゃうんだろうな、大河ドラマ。
一度見始めると、最後まで見たくなっちゃうんですよねえ。
何やかや言いながら、すっかりはまってるってことで(笑)。
「花燃ゆ」展も、予定が合えば観に行きたいなと思っています。


posted by みづき at 00:00| Comment(0) | 観る−博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする