<スポンサーリンク>
******

2015年04月20日

風野真知雄「四谷怪獣殺人事件」

「耳袋秘帳」殺人事件シリーズの最新作。
根岸肥前守という実在の人物をモデルにした物語です。

根岸肥前守は江戸時代に南町奉行を務めた実在の方なんですが、不思議な話を集めた「耳袋」という文書も残しています。
この物語は、その根岸肥前守が、「耳袋」で公表できなかった秘密の話を別の「耳袋秘帳」というものにまとめていたという想定の下、話が進んでいきます。
実在の人物をモデルにフィクションを創り上げるのって、本当に難しいと思うんですけど。
無理のない楽しい作品に仕上げられています。
「摩訶不思議な出来事には裏がある」っていうスタンスで、怪談まがいの噂話にもきっちり説明がつけられていく。
その過程が、本当に気持ちいいんですよね。
1冊、1冊でお話がきちんと完結していくので、途中からお読みになっても十分お楽しみいただけると思います。

   
今回の舞台は田安徳川家の下屋敷。
ここに、色々と不可解な出来事が起こり、困った松平定信の命を受け、真相を探るという内容なんですけど。
今回は、「しめさん」という、女だてらに十手持ちを夢見る中婆さんが大活躍します。
鋭い洞察力と、女性ならではの直感で事件は解決。
私とほぼ同じ年齢で「中婆さん」と言われていることが若干哀しいですが(当時の寿命を考えれば仕方ないですか)、本当にいい味出してます。
いつもは、坂巻と宮尾という肥前守の家来が中心になって色々と探っていくんですけど、彼らは「暁星右衛門」という上方の怪盗一味の探索に駆り出されていたようで。
今回の謎解きに貢献したしめさん、この「暁星右衛門」についても既に勘を働かせておりまして、次回作以降もさらなる活躍が期待できそうです。

この「耳袋秘帳」には、妖談シリーズと、殺人事件シリーズがあります。
残念ながら妖怪談シリーズは既に完結しちゃってますが、殺人事件シリーズはまだまだ続きそう。
最新作が出たところですけど、次が既に楽しみです。

ちなみに、殺人事件シリーズの第1弾はこちらです。よろしかったら。



posted by みづき at 12:51| Comment(0) | 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする