<スポンサーリンク>
******

2015年03月30日

東野圭吾「虚像の道化師」

ガリレオシリーズの最新作です。


収録されている短編のうち、いくつかはドラマ化されてますよね。
中でも印象に残っていたのが、第一章の「幻惑す(まどわす)」、第三章の「心聴る(きこえる)」、第七章の「演技る(えんじる)」でした。
たしか、「幻惑す」では、大沢たかおさんが教祖様の役をやっていたような。「心聴る」のには大島優子さん、「演技る」蒼井優さんが出ていらっしゃいましたよね、多分。

東野圭吾の凄いところは、結末がわかっているのに、それでも読みたくなるっていうところでしょうか。
犯人とかトリックとかわかってしまうと、一気に面白くなくなっちゃうミステリーもありますもんねえ。
一話一話、詳しく内容を説明したいところなんですが、ネタばれになっちゃってもマズイですし。

この作品の中で一番好きだったのは、「曲球る(まがる)」なんですよね。
たしか、これもドラマでやっていたような…。
残念ながら、その時にはあまり印象に残らなかったんですけど。
小説で読んでみたら、なんかとっても良かったなって感じ。
野球観戦が大好きっていうのもあるんですが、終焉を迎えつつある投手を支えてきた奥さんの姿に、なんだかジンときてしまいました。
頑張って復活してほしいなあとか思っちゃったり。って、小説だっつうの(笑)。

東野圭吾の作品って、ミステリーなんだけど血が通ってる感じがいいのかも。
な〜んて、改めて思わされました。

ドラマで観たからいいよっておっしゃる方も、十分お楽しみいただけるかと。オススメです。
posted by みづき at 13:00| Comment(0) | 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする